スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の単独Live参戦! 

相変わらずの今更日記ですが
一応、参戦記録として更新ってな感じですー。




今回、観に行ったのは「凛として時雨」というバンド。


HI3B0345.jpg



10月30日 場所は富山クラブマイロ。
雑居ビルの5階にあるライブハウスで
今回初めて行ったんだけど、思ったよりもボロい感じで
ちと拍子抜けした…w


HI3B0347.jpg




(最初、HPとか見た感じでは
お洒落なクラブちっくな外観を想像してたからねー。)



どうやら、ここは昔ディスコだったらしくその名残なのか
壁に16台ぐらいブラウン管のモニターが埋まってたり
天井にはミラーボールもあったりしたなw



キャパは500人ぐらいなのかなー
俺が、整理番号425番くらいだったので
多分満員に近かったんじゃないかと思う。



…そして、定刻5分過ぎたあたりで
客電が落ち、メンバーが登場して
ライブがスタート!




この日のセトリはこんな感じでした!



JPOP Xfile
想像のSecurity
COOL J
DISCO FLIGHT
I was music
knife vacation
a symmetry
ハカイヨノユメ
新曲
illusion is mine
Acoustic
鮮やかな殺人

MC

Telecastic fake show
nakano kill you
感覚UFO
傍観




予め、動画等で時雨のライブを観て
予習などしていたので、その時の客の雰囲気を見る限りでは
割とノリ自体はおとなしめな感じなのかと
思っていたんだけど、一曲目開始から一気に前列に客殺到の
モッシュ発生で全然そんなことは無かったw

(…まー俺は専ら、中段で大人観を決め込んでましたけどね。)



取敢えず、メンバー全員の演奏力が高ぇ!



TKはVo.をとりながら、難解でトリッキーなフレーズを
難なく弾きこなすイケメンだし
345は、女性ながらもゴリゴリと存在感のある
強烈なベースラインが素敵。
ピエールも、手数多めながらも
的確で安定したドラミングで屋台骨を支える。

(…つか、以前の写真と比べて何かちょっと太った?w)



前半のTKのMCも「凛として時雨です。」「新曲をやります。」
ぐらいの簡単なものしかなく、ライブの進行テンポも非常に良かった。



途中、TKと345の間で若干演奏のズレがあったみたいで
「鮮やかな殺人」を一旦中断して、やり直すなどの
ハプニングもあったけどw

(…どうやら、時雨がこういうミスをするのは結構珍しいらしい…?)




そして、曲終了後に突然のピエール中野によるMCがスタートw
謎のケロリンタオルを掲げ、嵐の曲を弾き語ったり
「富山~ブラック!」「チョコレート~ディスコ!」等
これまた、謎過ぎるコール&レスポンスを連発w
極めつけは、何故かXジャンプで〆ると言う
終始カオスな構成を経て、最後は怒涛のドラムソロに突入!

(まぁ…おちゃらけから一転して、普通に上手かったですけどね。。)



その後には、こちらも恒例なのか
345の物販紹介なんていうのもやってましたね。



普段ベース弾いてる時の彼女のイメージとまた違い
天然キャラ炸裂な感じで、ちょっと個人的にもツボりましたね~

(だが、物販は結局買ってないけどね…スマンスw)



…え、つか、時雨ってこんなバンドだっけ?w
このあたりで正直、ちょっと面食らいましたがw



けれど、後半のダイブ続出の
この日最高のバースト感「感覚UFO」から
一転して、張り詰めた静寂…やがて徐々に熱を増して
ラストに一気に絶頂に上り詰めた「傍観」に至る流れは
ちょっとヤバすぎて鳥肌立ちましたわ!




終わってみれば、アンコール無しで全16曲の一時間半!
時間は短めながらも、不思議と物足りなさは
全くありませんでしたね~



どうやら、途中のピエールのMC自体が
このツアーでは初めてだったらしく、ある意味
貴重な公演だったみたい…

(…じゃあ、今回参戦した俺って
何気に、結構ラッキーだったのか?w)



唯一、不満だったのは俺が好きな「テレキャスターの真実」を
結局やってくれなかった事かなぁ…。

(実は俺、あのイントロかかったら一気に
最前列のモッシュに突入しようかとスタンバってたのに。。)




個人的には、次回はMC無しのノンストップな時雨も
観てみたいかも…是非、また参戦したいね^^










スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。