FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANEGO その生き様 

第八期作品

作者 さんどパン様




姉御が、部下を引き連れて
自分の生き方を探す物語らしい。




まず開始時から、テロップも何も語られずに
突然、海の真ん中の小島の街に放り出される。w
取り敢えず、最初の目的も全く分からないので
手探り状態のまま、船でフィールドの海を巡る事になる。



姉御は、普通に戦ってもLVが上がらず
どうやら、普通の人では出来ない事をして
LVを上げるらしい。
(具体的には、船を奪い取ったり
街を襲ったりと、そんな蛮行を重ねる事で
LVが上がる、ヒャッハーな仕様。w)



戦闘は、各中ボス戦が結構キツめ
レベルが低いと一撃で殺される事も珍しくない。
(…多分、仲間の猫の毒爪攻撃で
じわじわと削るのが定石なのか…?)



鍵無しだったので、さすがに途中からしんどくなって
チートプレイにシフトしました。。
(けど、一応最後までやりましたよ。w)




全体の総評としては、少ない情報の中で
ひたすら、広大なフィールドをたらい回しにされる
作業ゲーな印象でしたね。。



ただ、EDの展開には結構驚いた。
確かに思い出すと、いくつか伏線っぽいのがあったけど…?
…まさか、こんなスケールのデカイ話だったとは。。

(…でも、ここにきて今まで一度も喋らなかった姉御が
突然語りだすのには、少々違和感を覚えたが。。)




う~ん…このEDまで見てしまうと
何か、色々ともったいない気がする作品かも。




残念ながら、簡易審査で
消されてしまったようで…評価は出来ませんでしたけど。



…やっぱ、あの人身売買のネタが
アウトだったのかなぁ?

(つか、部下三人を店に売ってしまう
姉御は超鬼畜。。w)





あ、後は、自警団の人達とか地名の
ネーミングセンスには、ちょいちょい笑ったかも。w

スポンサーサイト

コメント

感想&プレイありがとうございます

「ANEGO」作者のさんどパンです

ツクールDSで作成した作品は本作が3本目ですが、過去2作品が1本道進行で、
ストーリーがシンプルなものだったので「そんなことより冒険しなさい!」
とプレイヤーに提案するように放り投げスタートのRPGを作成したくなったという契機があります。
結果コンテストではウケが悪く、1週間で落選という残念な結果になりました。
おっしゃる通り人身売買イベント等、非情なネタが落選の理由に絡んでいるのではないかと思っています…
シンプルながらも欝展開があまりに多く、そのこと自体もプレイヤーに不快感を与える作りとなっているのかもしれません。

後半突然語りだす主人公は、プレステの某スクウェア作品をパクリたかったから今までプレイヤーと共に冒険し、
出来事も共用してきた姐御が、徐々に自分自身の意志の獲得や、自身の記憶を取り戻していくことの暗示を示したつもりでした。
主人公&プレイヤーの形式から、主人公≠プレイヤーの形式へと変化していくことに違和感を与えてしまったのだと思います。
あ!同じような演出しているコンテスト作品あるやないの!公開時期考えると私がパクったように見えるじゃん!そんなんあんねやなー。

もちろん姐御はあなたのことを見捨てたわけではありません。むしろ大いに感謝していると思います。
証拠として真EDの最後に姐御があなたにメッセージを送っていたと思います。

何もしゃべらなかった姐御が突然喋りだすことに違和感を感じた方も多かったようなので、このあたりの説明に欠けていたのも反省点だと思います。

完成させたは良いのですが改善点が数多く残る作品になってしまいました。
ですが、確かにプレイしていただいた方々がいるため、公開終了したとしてもまったく後悔はしていません。

なにはともあれ、
ANEGOをプレイ&感想をいただき、誠にありがとうございました。

Re: コメントどうもです。

さんどパンさん>やはり、そういうコンセプトでしたか…w
自分もどちらかと言えば、最近のゲームは殆どやらないし
全然知らないので、古き良き時代の手探り感がある
RPG派だったりするんですが…それでもこの自由度には
少々、戸惑いましたね。。


所々の描写に関しては、自分的には全然アリでしたが
今回のコンテストは、前回以上に簡易審査基準もシビアなので
それを考えると、本作は公のコンテスト向きと言うよりは
個性的な作品が好まれる、公開スレ向きなのかもしれません。。


スイマセン!元ネタのゲームもちょっと分からないんですが…w
それに、同じような演出の作品もあったんですね~その言い回しで
何となく、作品の特定も出来ましたが
…その作品も生憎未プレイでございます。。w


そうですね…そこまでの説明で、ようやく色々な疑問も
納得できたので、自分的にはスッキリしました!
あの素晴らしいEDまで観たからこそ、尚更自分も
公開終了があまりにも勿体無いな~と感じたので。。


短い機会に、本作をプレイできた事は幸運でした!
改めて、次回作にも是非期待したいです^^



  • [2011/04/05 22:37]
  • URL |
  • 周我 -シュウガ-
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://spearheads.blog115.fc2.com/tb.php/69-299bff2e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。