スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どりもん! どり~みんぐ☆もんすた~ 

第十二期作品

作者 Kuni様




友人の「ミナミ」の誘いで、マクハリのゲームフェスタに
遊びに行った女子高性「ミサト」は話題のゲーム
「モンスターズカップ」の体験版をプレイした事が
きっかけで、突然ゲームの世界の中に迷い込んでしまう。


元の世界に戻るには、ゲーム内で開催される
同名の大会、モンスターズカップで優勝するしかない。
謎の少女「マーリン」の案内され「ミサト」の挑戦が始まる。




先の作品に続き、こちらも自作戦闘タイプのゲームっすね。



奇抜で独特のシステムに、一瞬戸惑いますが
チュートリアルが非常にユーザーフレンドリーで
とても分かりやすく説明してくれるので、この辺は非常にありがたい。



戦闘方式としては、2対2のモンスターバトルで
決められたバトルフィールド内をカーソルで選択移動させ
相手のモンスターを攻撃、そして最終的に相手の
ライフを0にする事で、勝利となります。

(個人的に、ファイアーエムブレムが好きな俺は
このカーソル選択→ユニット移動がちょっとツボでしたね。)



この他にも、選択方式で進んでいく
洞窟探索パートなどもあり、そこで戦ったモンスターを
仲間にして、トーナメント戦に出場させる事が出来たりと
なかなか凝ったシステムだと思いましたね!

(ちなみに俺は、フェアリーとドラゴンを愛用してました!)



残念なのが、戦闘中に起こるカーソルの
挙動がおかしくなる謎のバグ。
自分は、これが準決勝で起こったので
やむなく禁断の書2で突破しました。。


それに、敵のモンスターの思考が足りず
よほどの事がなければ、負けることはないので
終始、戦闘の緊張感に欠ける事かな。


後は、モンスターの個性が攻撃範囲だけなのがちょっと残念。。
もっと多彩な駆け引きが楽しめれば、より戦闘も白熱したかも!


勿論、ツクールでこれだけの自作システムが
組めるだけでも、十分素晴らしいです!
…絶対、俺には無理ですから。w




比較的プレイ時間も短めなので、気軽にトライできるのも強み
是非、一度プレイしてみてはどうでしょうか?


スポンサーサイト

コメント

レビューありがとうございました!

確かに敵がマヌケすぎるのはツッコミどころですよねw
マジメにプレイしたらほぼ負けないというw
しかもフェアリーとドラゴンならなおさら。

自分のテストプレイでサクっと倒したいときはよくドラゴンとゴブリンを使ってました。
自分の時は手数掛けずに戦闘が終わってたからバグをが見つけるチャンスがすくなったかも…という言い訳をして見るw

とにかくプレイありがとうございましたm(_ _)m

Re: コメントどうも!

Kuniさん>まあ、あのツクールの仕様じゃあ
高性能のAI搭載までは、さすがに厳しいですよね。w

フェアリーとドラゴンだと、丁度お互い足りない範囲を補う感じで
自分的には、一番使い勝手が良かったので
結局、最後までこの組み合わせでしたね。

…しかし、あのバグはどういう条件で発現するんでしょうねぇ…?
自分的には、その事が気になって
ちょっとモヤモヤしました。w


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://spearheads.blog115.fc2.com/tb.php/81-939d713e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。