FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空想点紀F‐妖の章‐ ~炎妖エルマーの選択~ 

第十一期作品

作者 つかさい様





オーレン勇王国のヴォルペンサ地方にある炎魔洞には
炎の死神と恐れられる炎妖の王「エルマー」が君臨していた。


ある日、彼を討伐しようと人間の軍が大挙して攻めてきた。
「エルマー」はいつもの様に、返り討ちにしようと
少年術士の「アルマ」、次いで兄の「フェルク」を倒したが
最後は、人間の軍のリーダーの
炎を防ぐ、ルイナスの盾によって不覚を取る。


…そして、目が覚めた時
彼は何故か、倒した「アルマ」の体に乗り移っていた…。





魔物側の視点と人間側の視点で語られるストーリーは
それぞれに理由と説得力があり、目立つ破綻も無く
よく練られていて、その考えに至る心理描写も
上手く表現できていたと感じた。


所々に挿入される回想で、より深く各キャラに
スポットを当てていて、感情移入もしやすかった。



ジーンを少しずつ覚えていって、それを装備して
仲間を強化していくのも、なかなか面白いアイディアだと
思いましたね!




以下は気になった点…まず戦闘バランスは
エルマー以外はLVも低く、HPが少ないのに対し
敵の攻撃力があまりに強すぎる気がした。
どうせなら、敵の攻撃力を下げるか
皆、同じLVにした方が良かったと思う。



イベント進行については、一部仲間に入れたメンバーが消えずに
その場所で、留まったまま会話出来るのに違和感。。


後は細かい所だけど、終盤のバルベインに
襲われた仲間の一連の倒れるイベントの挙動が
丸見えなのが、ちょっと気になったかも。



ストーリーに関しては、エルマーが自分が倒したと
クラウクスを納得させるくだりが、自分的にはやや強引で
イマイチ、しっくりこなかった。



ENDの種類によっては、釈然としない終わりもあったけど
正規ルートでは、次に繋がるように上手くまとまっていたと思う。
三部作の序盤なのでいくつかの伏線を残して終わるので
若干、消化不良な点はあるけど、まあこれは仕方ないかな…。


(…とはいえ、やはり続きは気になるので
続編も、後にプレイさせていただきます。w)



それに、エンディングルームからの
周回プレイの仕様は、とても親切だし
特典もあるので、最後までモチベが維持しやすかった。
なので、取り敢えず全部のEDも見れました!




自分も、次回作で複数に跨ぐシリーズ物の
構想があるので、この作品は非常に参考になりましたね。^^


スポンサーサイト

コメント

プレイ&感想ありがとうございます!

妖の章で敵が強いって意見が初めて聞けました。
ラスボスとか初見でかなり殺しにかかってくるし、
文句が出ないのは僕も不思議だったんですが、
敵の強さは問題なかったという認識の末、
人の章ではもっと敵を強くしてしまいました…w
申し訳ございません…!

仲間がマップ上にいるのは、
スターオーシャンとかペルソナ1・2的な表現で、
人のいるマップでは各自自由行動してるイメージです。
仲間とも話せるようにしたくての、あの仕様ですが、
テストプレイしてもらった友人も違和感があったようなので、
分かり難さの点では反省しております。

至らぬ点も多かったと思いますが、
参考になる点があったのでしたら幸いです!

僕もまだまだ続き作りたいなぁ。

Re: Re: コメントありがとです!

つかさいさん>そうですね~ちょっと、全体的に
敵の火力が高めに感じました。
自分は、普段から雑魚戦などはあまり何も考えずに
連打戦闘気味なんですが
そんな調子でやってたら、いつの間にかエルマー以外が
全員死亡っていうのが何度かありました。。w


やはり、パーティにいるのにマップ上に仲間がいるのが
何となくしっくりこなかったですねぇ…上記のゲームでは
スターオーシャンの1~2のみプレイした経験がありますが
そんな感じでしたっけ?
(…もう遠い昔なんで、詳細は完全に忘れてしまってますけど。w)


空想点紀の全3部は、既に某外部ツールでバックアップを取らさせて
頂きましたので、後日改めて一気にプレイさせてもらいますね^^


ちなみに、自分は今回のシャイニの続編を含めて、過去2作にも
それぞれ無駄に続編の構想がありますね~wしかも可能な限り
全作リンクさせようと、かなり無茶な考えもあったりします。ww
(…つか、絶対エターなりそう。。w)




PS.先日の「?」の件ですが、最近シャイニの文章を見直して見た所
確かに、自分の思った以上に多用し過ぎていたので
いくつか修正致しました。。

おそらく、あの時に指摘されてなければ
なかなか気付けなかったと思うので
改めて、御礼を申し上げます!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://spearheads.blog115.fc2.com/tb.php/84-313861e6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。