FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金の力は世界を救う! ~経験値より金落とせ!~ 

第八期作品

作者 うっかりさん




コンテスト自体はとっくに終了しているんだけど
何故か、突然のレビュー投下w

(ホントは、ブログではもうやらない予定だったんだけど
フォロアーさん向けに、ツイッター用で感想を書いていたら
結局、例の如く文章が長くなったので
やはりこちらに書く事にした。。w)





ジャックのお金至上主義なキャラと、相棒ミカルの
漫才ライクなツッコミが、終始良いテンポで楽しめる。
演出のタイミングも的確で秀逸。
アイテムの値段設定や戦闘バランスも比較的良く、サクサク進めた。



前半の詐欺師なキャラから勇者になろうという
ジャックの心情のの描写が、やや唐突で少し欠けている気がしたが
後半の見事な伏線回収と、物語が一気にシリアス展開へと
核心に迫っていく流れは、とても俺好みで熱くなった。



いくつか気になった所は…

まずは、定まらない世界観のチグハグさ。
各所に散りばめられたヤホーでググるとか、とけ子、テンプレ等の
どこか銀玉ちっくなメタネタの数々は
総括すると、無くても良かったのではと思った。
前半はそうでも無かったのだけれど、特に後半のシリアスな流れで
同じノリでしゃべられると、度々気持ちが萎える時があった。

(…上記と同じ理由で、他作品作者登場も
世界観を壊すのでやはり好みではなかった。)



それから、カサンやポーカの一部定まらないキャラの
ブレにも若干の違和感を感じる事があった。



戦闘関連では、レベルを上げて武器を整えれば
前半から中盤までのカサンの攻撃特技には
あまり意味を感じなかったかな。



後は、ジャックの夢の中のショートカットは、便利と思いきや
突き詰めれば、最初からダンジョン自体を短くした方が
いいような気もした…


俺は、所持金を使い切った状態で突入したので
ショートカットを購入する度に、お金稼ぎで敵と戦うのが
少々面倒だった…正直、ここでちょっとダレたかも。




しかしながら、後半にシリアス展開になりながらも
最後までジャックの銭ゲバキャラを立たせつつ
ぜになげで勝利するのは結構爽快でしたね!w




コンテストにて、ベスト評価賞受賞も納得の作品!
最後まで、安定して楽しませてもらいました!^^


スポンサーサイト

コメント

うちの金力君がご迷惑をおかけしました。

プレイ及び感想有難うございます!
いろいろ拙い部分もあったかもしれませんが、楽しんで頂けたみたいで本当良かったです!
伏線回収には得に気を使ってみたので、後半は少年漫画のような熱い展開になったら良いなあとか思ってましたw
結果、シュウガさんの好みだったようで嬉しいです。

メタネタについてはやはり人を選ぶということが実感出来ました。今後の改善点ですね。
また主人公以外のパーティ面子や敵のキャラがたっていなかったりと
容量…ゲフン。技術不足な点も気をつけてみたいと思います。
夢ダンジョンについては、あえて無駄に長い糞ダンジョンにしてます。
だれるだけのダンジョンにも工夫次第で変化を与えられないかというひとつの挑戦だったのですが
まだまだ未熟だったようですね。精進したいものです。

最後にもう一度、プレイと感想有難うございました。
長文失礼しました。

Re: コメント感謝です。


うっかりさん>そうですね~終始このノリで行ってくれれば
おそらくは、メタネタ使用も特に気にならなかったのですが…


この後半の俺好みなシリアス展開が完全に予想外だったので
以降も変わらずのメタネタ並行の違和感に
若干、もったいなさを感じてしまったのかもです。

(…おそらく、後半の熱い展開に余計な水を差されたくなかったのかなと。。)


レビューには、少々酷評気味に書いてしまったかもしれませんが
全体的には、主要キャラも魅力的で個性も際立っていましたし
演出も巧みで素晴らしく、ストーリー構成や伏線の張り方から
回収までの流れが自然で無理もなく、今回プレイさせたもらって
改めて、この作品が多くの方からの支持を集めた理由が
わかった気がしますねw


こちらこそ、熱い作品をありがとうございましたー。^^

  • [2011/08/07 17:07]
  • URL |
  • 周我 -シュウガ-
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://spearheads.blog115.fc2.com/tb.php/99-214fb960
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。