スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/8 NHKホール 五十嵐隆「生還」公演に参戦してきた! 後編 

今更ですが、五十嵐隆「生還」公演レポの後編です。

(まー基本、文章とか書くの遅いんで…)



…そして、4時頃には目的のNHKホールに到着。



すると、会場の前には既に長蛇の列が…そういえば先行で
物販のTシャツを販売するとか言ってたっけ?



当初は、まぁ買えたら買おうかぐらいの軽い気持ちで
いたんだけど、気が付いたら俺も釣られて並んでましたw


IMG_2101.jpg


…んで、並ぶ事約一時間強…ようやく買えました二種!
流石にこれは、普段着るにはなかなかハードルが高そうなので
専ら、部屋着かフェスやライブ参戦用になりそう。w




ようやく、6時頃には会場に入場し
早速、自分の席に向かう。



俺は、三階席のL側の前列付近だったんですが
思ったよりもステージに近い?ただ、如何せん高所恐怖症なので
柵も何もない前列ってのは、心無しか足がすくむ。。



そして、開始時間7時から約10分押して
客電が落ち、遂にライブがスタート!




以下が当日のセットリスト


13/05/08 五十嵐隆 「生還」公演 @NHKホール



Reborn
Sonic Disorder
神のカルマ
I.N.M
生活
赤いカラス
ラズベリー(新曲)
さえないコード(新曲)
透明な日(新曲)
ヒーローショー(新曲)
真昼のターンテーブル(新曲)
明日を落としても(ソロ弾き語りVer.)
センチメンタル
月になって
落堕
天才
Coup d'Etat
空をなくす

en1
パープルムカデ
リアル

en2
翌日(初期原型Ver.)




一曲目は復活に相応しく「Reborn」からスタート。
この時は、まだ緞帳越しの姿しか窺い知る事は
出来なかったけど、生の五十嵐の歌声を聴いた瞬間に
思わず全身に鳥肌が立ってしまった!



二曲目の「Sonic Disorder」から、緞帳が開き五十嵐が登場!
傍らには、細身のベースと金髪ドラムのサポートメンバー
…あれ?もしかしてこの二人って。。



俺の席は前述した通り、ステージからそれなりに遠かったので
二人の顔までは全く分からず…まさかなーと思いつつも
取り敢えずは、五十嵐のパフォーマンスに集中する事に



三曲目は「神のカルマ」、「I.N.M」、「生活」と立て続けに
シロップ時代の楽曲を披露し、この辺は会場も勿論俺も
否が応にも盛り上がる!それに、今回のがっちゃんは
生活のギターソロもちゃんと弾けてたしw




そして、その後に思いがけず始まったのは
犬が吠える時代の楽曲「赤いカラス」
…と、イントロが流れた瞬間、突然込み上げる感情が
一気に押し寄せてきて、気が付くと俺の両目には
大量の涙が…



この曲に関しては、俺は某動画サイトに上がっていた
音源でしか知らないし、良い曲だなと思いつつも
他のシロップの曲に比べて、特に強い思い入れがあった訳でもない
…なのに、何故かこの曲の演奏中には
溢れる涙が一向に止まらなくなってた。



…ああ、まさに、こういうのを琴線に触れるって言うんだろうな。
俺も、この年まで色々なライブを見てきたけど
こんな経験、感覚を味わったのは初めてでしたね。
いやーホント一人で良かったと思うわ…まあ、隣の女の子には
気付かれてたとは思うけどw




その後は、5曲連続で新曲を演奏。確かに所々で五十嵐らしい
メロやフレーズの断片は垣間見えるものの
率直な感想としては、まだまだ楽曲として練り切れてない印象。
先の感涙状態から、一旦気持ちが冷静になった事もあり
高速バスの寝不足も祟ってか、ここにきて一気に
猛烈な睡魔に襲われる俺。。

(…多分、所々で不覚にも寝てたかもしれないw)




新曲披露の次は、趣向を変えて「明日を落としても」の弾き語り!
そして、ここで完全に覚醒する俺w(…っておいッ!)
軽快にアコギをかき鳴らし、朗々と歌い上げる五十嵐。
何か、観ているこっちも嬉しくなってくるような
演奏に思わずほっこりしてしまう^^



再びバンド編成に戻り、次に演奏したのが「センチメンタル」
この曲は武道館のラストライブでは弾き語りだったので
個人的にも、ここでしっかりとしたバンドアレンジで
聴けてとても嬉しかった!



っていうか、このサポートの二人って
あまりに息が合いすぎじゃねぇか…?
この特徴あるベースラインも何か聴き覚えあるし
それにドラムは…かなり上手い。。
…まさか、マキリンと大樹ちゃん??



ここでもし、俺が携帯でツイッターをやってれば
速攻でその疑問が確信に変わったんだろうけど
いかんせん、シロップの演奏を聴くのが今回が初だったので
そうもいかず…けど、これは多分そうなんじゃねぇかって
気持ちでそれ以降のステージは観てましたね。




演奏はそのまま、「月になって」「落堕」「天才」と
怒涛のシロップタイムに突入し
極めつけは「Coup d'Etat」~からの「空をなくす」

(つか、この流れがまじ最高すぎ!)

ここまでプレイした所で、三人は一旦ステージから退場
勿論、場内からは割れんばかりのアンコールの手拍子!




しばらくすると、再び三人が登場し「パープルムカデ」を演奏。
力強く背中を後押ししてくれるような曲、基本シロップの楽曲は
文系なイメージがあるけど、この曲は何か体育会系って
感じがするんだよな。




…そして、もしかして次あたりでそろそろ来るかと思ったら
やっぱ来た!「リアル」!!



この曲は、スタジオ音源よりもライブ版の方が断然ヤバい!
うねるようなベースのグルーヴと、遠くから響くような
幽玄なドラムスに、五十嵐のひんやりとした低音Vo.が
絡みつく様はまさに圧巻の一言!!
ええ、勿論鳥肌立ちましたよ!一気にブワっとねw




ここで一度目のアンコールが終わり
三人がステージ袖に退場



勿論ここで終わりじゃないだろうと
客席からは手拍子の嵐!嵐!!
無論、俺も手が痛くなるまで
負けずに叩く叩く!!w




そして、数分のブレイクの後に
…意外にも五十嵐が一人で登場。



「…この状況が半年前までは考えられなかった」

「…今回一肌脱いでくれたメンバーにも
それぞれ、色んな感情があると思うけど」

(ここでようやく、二人がマキリンと
大樹ちゃんだったと確信する俺…遅ッw)



そんな調子で、ポツポツと話す五十嵐は
あまりにもイメージ通り過ぎて、何か微笑ましかった。



そして、「翌日という曲があるんですけど…」と切り出し
「僕が中畑くんにチャリンコ漕いで
聴かせに行ったヤツですね。」と
ファンの間では有名なエピソードを語り出す。



「その原型にですね、歌詞だけ変えて
作ってきたんで聴いてください。」

そう言った後に、おもむろにその翌日の原型と思しき曲を
ソロで弾き語り始める。この曲が一体どういう過程を経て
現在の翌日の姿に変わっていったかは
定かでは無いけれど、これはこれでアリかもしれん…?



…と思ったら、途中からマキリンと大樹ちゃんも
演奏に加わりこれで三人のアンサンブルが揃う!
まさに、これこそがsyrup16gの音なんだなと
感激をかみ締めながら、じんわりとした気分で
それを感慨深く聴く俺。。




そのままステージは大団円を迎え、ライブは終了。
三人は颯爽とステージを去っていく
そして、客電が点いたので俺は席を立ちました。





…とまあ、ここまで書いた所で
上記のレポで書ききれなかった雑感をいくつか。



まずは、五十嵐の声が非常に良く出ていた!
下手したら解散ライブの時よりも
歌唱力が上がったんじゃないかと思うくらいに
そして、ギターの演奏もシロップ後期に比べると
だいぶ安定していたように感じた。

(…まぁ、所々で出だしをミスって
演奏やり直したりとかもあるにはあったけどw)



マキリンの演奏は概ねイメージ通りだった。やはりこの人は上手い!
…そして何と言っても、驚いたのは大樹ちゃんのドラムス!
当初は、野生味溢れるラフなプレイスタイルを想像していたんだけど
もっと正確で、それでいてスピーディな手数と所々でみせる
力強いパワフルなドラミングが凄く印象に残ってる。



それだけに、この三人の揃ったこれから…新生syrup16gの活動を
是非期待してしまうけれど、まーおそらく無理だろうなぁ。。

(…けど、メンバー同士の関係も決して悪くなさそうだし
不定期な再結成の可能性はゼロじゃないとは思うけど。)



ライブ中のMCも少なかったし、結局五十嵐はこれからの
活動予定については具体的に明示しなかった…なので、次の動きが
あるまでは、また当分は放置プレイの予感もするけども。





まぁ、そんなマイペースでも
俺はいつまでも待つよ
がっちゃん!!w





そして以下の写真は、関係者からの花束の数々…の筈が
何故か、親戚一同のみしかなくって噴いたww


130508_1847~0001


…つか、がっちゃんアンタ
これ絶対狙ってるとしか思えんわー。。w



5/8 NHKホール 五十嵐隆「生還」公演に参戦してきた! 前編 


GWも終わり、連休明けで世間も会社も動き出す頃に
一日だけ出勤して、有給二日間という気まずいタイミングで
行ってまいりましたw




深夜バスに延々と揺られ、新宿に到着したのが
大体、早朝の6時半ぐらい
薄手の服装で来た事を若干後悔しながら、冷たい風に吹かれつつ
久々に朝マックで朝食を取る。

(…ってか、モーニングのセットの値段がいつのまにか上がってね?)




腹を満たした後は、山手線に乗って久々の渋谷に向かう
到着後にふと、東急東横線の地上駅が地下に移転した事を
思い出したので、見に行ってみたらホントに無くなってて
何か、無性に切なくなった…




ついでに、移転した地下駅の方にも行ってみたんだけど
明治通りを横断した連絡通路に加えて
いつのまにか、ヒカリエとかいうショッピングモールまで出来てたし…
まだ前回の帰省から一年も経ってない筈なのに
やっぱ、都会の街並は変わるのが早ぇわと改めて実感。。




取り敢えず、センター街や井の頭通り付近をぶらぶら
開始時間までだいぶあるし、深夜バスで寝不足状態だったので
仮眠でも取ろうかなと最寄のネットカフェに入る事に。




けど、通された部屋が超狭くて満足に足も伸ばせない有様…
やむなく、斜めに寝る事でスペースを確保したけど
右手側が丁度柱の位置で、スゲェ圧迫感…
結局あまり寝れず、昼過ぎでチェックアウトする事に。。




その足で、久々のタワレコに。
どうやらこちらもいつのまにか改装したらしく
定番だった基本色の黄色基調から、全体的にシックな
落ち着いた雰囲気に。フロアの構成も若干変わってて
七階にあったブックコーナーが二階に下りてきて
しかも、新しくカフェみたいなものまで
出来てて更に驚き!




前回の帰省時には、あまり店内を見れなかったので
今回は時間をかけて、色々とポップのコーナーや棚のCDを物色。
つか、しばらく来ないうちに知らないアーティストが
大分増えたなと思った…まぁ、近年の音楽はもう殆ど
聴かなくなってしまったからなー俺。。




久々に色々と視聴も出来たし満足したな~
やっぱ、渋谷のタワレコは時間を忘れてしまうね
三時間の待ち時間があっという間でした。

(特に、Primal Scream、Fall Out Boy、!!!の
新譜が凄く良かった!)




無性に物欲が湧いたけど、ライブ前に無駄に荷物に
なるのが嫌だったので、そこは何とかぐっと堪えて
仕方なくTHE POSTAL SERVICE「GIVE UP」の
リイシュー盤一枚だけで泣く泣く我慢したw

(…って、結局買ってる俺w)




そして、16時頃には目的のNHKホールに到着!




…って所まで一応書いたんですが
取り敢えず、今回はここまでで終了ですw
当初は、一度の日記で収める筈だったんですが
ライブのレポを書いていたら、どんどん長文になっていって
収集が付かなくなってしまったので。。

(…つか、俺の文章に無駄が多いだけw)




なので、レポの続きは週末あたりに
また更新出来たらと!


今回は、久々に音楽日記! 

何か無性に書きたい気分だったので
衝動的につらつらと駄文をw



実は、来月の5月8日の五十嵐隆の生還公演に
参戦する事になりました!



一応、知らない人の為に言っておくと(まー殆どだろうけどw)
五十嵐隆は四年前に惜しまれつつ解散してしまったバンド
syrup16gのVo.だった人ですね。多分、世間的には
マイナーなのかもしれんけど。。w



一応、最後の解散ライブは日本武道館でやってますので
立ち位置としては、ロキノン系バンド好きの一部のコアな人達なら
名前ぐらいは聞いた事があるかもって感じでしょうかね。



ちなみに、ミスチルの桜井の率いるバンクバンドが
数年前に彼らの曲の「Reborn」をカバーしてたりします。

(まーぶっちゃけ、このカバーの出来に関しては
俺はクソだと思ってますけどw)



その他の詳細等はコチラ。




俺がsyrup16gを知ったのは、確か最後のアルバムを
リリースした前後ぐらいだったし
その後、ちゃんと聴き出した頃には、既に解散してたので
知らなかったとは言え、最後の武道館公演を観れなかった事を
未だに激しく後悔してますね…出来れば、もっと早く
彼らの音楽に出会いたかったと。。(泣



一見して、彼らの歌詞は内省的で排他的
ともすれば、無気力で破滅思考だったりと
随所に、世間や自分自身に対する諦めに似た
言葉が並ぶし、それは聴いていて到底楽しい気持ちに
なる様なものではなかったりしますが

(…とは言え後期は、ポジティブな歌詞が多くなっていったけど)



だけど、そんな歌詞も五十嵐の声で歌われると
不思議とどこか前向きな気持ちになれたりする。



巷には、上っ面で無責任な応援歌を歌うグループや
形通りの説教めいた自己変革を促すようなシンガー
反体制を掲げても主張も中身も無いバンドは
腐る程いますけど、syrup16gの歌詞や
音楽はそんな偽物なんかよりも
何十倍も心に響くし、深く沁みるんだよなー。



実際に俺も、syrup16gにハマり出した当時は
丁度、自身を取り巻く環境も大きく変わって
精神的にも肉体的にも辛い時期だったので
その頃に聴いた彼らの音楽には
随分と救われた思い出がありますね。




…で、本題に戻すとそのsyrup16gの
ギタリストであり、メインソングライターの彼は
syrup16g解散後に「犬が吠える」というバンドを結成しますが
結局、僅か一年足らずで再び解散…以後3年間は
完全に音楽業界から姿を消してしまいます。



そして今年、syrup16gの解散公演から丁度4年目の3月1日に
突然に発表されたソロ名義「五十嵐隆、生還公演」と
銘を打たれた、5月8日NHKホールの復活ライブが決定。



3月のチケット先行販売では、ファンの間で熾烈な争奪戦が
繰り広げられ、一時ヤフオクでは¥4500のチケットに
約4~5万もの値がついた程だったりw



当初の俺も、そりゃぁ行けたら最高だろうけど
まー抽選倍率を考えたら、多分無理かなと思いつつも
一応、今回駄目元で申し込んでみたら
…何と、見事に当選してしまった訳で。。



ええ、もう腹を括って
有給申請して高速バスも予約しましたよw



ちなみに、三日前に届いたチケットがこちら

130419_2152~0001



席は三階席の前列付近…正直、あまり良くは無い位置だけど
まーその影で、チケット取れずに涙を飲んだ人達も
いる事を考えれば、当日にこの場に居られる事自体が
幸運な訳なので…



当日のセトリは、syrup16gの曲や犬が吠えるの曲も
やるのだろうか?それとも新曲が中心?…などと
色々と妄想しつつも、何だかんだでやっぱ
すげー楽しみだったりしますね!^^




そんな訳で、何曲か曲も貼っておきます。



願わくばこの駄文をきっかけに
少しでも多くの人に彼らの音楽を
知ってもらえたらと思いつつ。。



Syrup16g - 明日を落としても


syrup16g - きこえるかい


syrup16 - センチメンタル




犬が吠えるの音源に関しては、共に密録で音が悪いですが
両方とも屈指の名曲ですね。
願わくば公式でリリースして欲しかった。。(涙



犬が吠える - 赤いカラス


犬が吠える - 光




投稿予定の作品についてなど 

ども、取り敢えずは前回の続きみたいな感じですがw
今、第二回裏サントーナメント投稿用として執筆中の作品について
軽く触れておこうかと。。




タイトルは「イズナ」
元々は、一昨年の年末頃から
RPGツクールDS+というソフトのゲームコンテストに
投稿しようと思って制作していた作品を
そのままリメイクした形になります。

(※その辺りの詳細は、過去の「RPGツクールDS雑談」の
記事を参照の事。)



ですが、結局そのコンテストには投稿も
間に合わず、ゲームの制作自体も途中で
止まってしまっている有様ですが。。><



一応、キャラの設定やおぼろげな構想自体は十年ぐらい前から
あったものをベースにはしていますが、しっかりと世界観を
明確にして、ストーリーを考えたのはここ近年ですし
未だにどの媒体を通して発表もしてないので、そういう意味では
俺の中では、まだ新作っていう意識が強いですね。



そして、この作品が一応、俺の中では数年振りの本格的な
マンガ製作になります…はたして、最後までモチベが尽きずに
完成させられるだろうか…?w



ちなみに、これがツクール制作当時に描いた
本作ヒロインのイズナちゃんのラフ絵です。

(まーこの衣装は仮なので、また細部等が
ちょいちょい変わるかもですが…?)

IMG.jpg




どうも、俺はツクール三作目の完成以降から
近年は有言不実行なパターンが増えてきている体たらくなので
何とか、今回はリベンジの意味も込めて
最後までやり遂げねば…っと思ってます!w


どうも、お久し振りです 

つか、五ヶ月振りの更新とか何それ酷い。。w



…まぁ、年明けに自身の引越しなんかもあったりで
色々と、身辺がバタバタしてたってのも
あるんですが…これぞ、まさに文字通りの圧倒的放置っ…!!w

(ホントは、先月にindigoの初北陸ライブに
行った時のレポとか書こうと思ったけど
あまりに時間が空き過ぎたので、結局止めましたw)



とはいえ、この間の近況とかは割りと
ツイッターとかでは、ちょいちょい呟いてましたけどね。
まーアレは、短文でその時思った事をサクッと書けるから
ついつい、そっちがメインになるという…

(…きっと、ブログ併用者の方々はあるあるでしょうけどw)





さて、最近の近況ですが
昨日に一本のネーム(32P)を完成させました。



実は現在、裏サンデーと言うwebマンガ雑誌にて
第一回、裏サンデー投稿トーナメントという
イベントが開催されておりまして
(残念ながら、今回の投稿期間は既に締め切ってますが)
このネームは、その第二回投稿用にと書き上げたものなのです。



…あ、ちなみに、公式でも次回の開催はまだ明言されてません。
つまりは、完全に見切り発車って訳ですね。w



今回が第一回ってのも勿論あるとは思いますが
現在のトーナメント自体も、結構盛り上がっている様子なので
おそらく、第二回もやるだろうと見当をつけた訳で。

(…まぁ、開催に気付いた時には
既に、締め切りが迫ってたので
どうにも間に合わなかったんですがねw)



そして、本トーナメントの実にユニークな所は
通常のマンガの投稿グランプリでは
読み切り作品を募集する形をとりますが
裏サントーナメントは、連載を想定した第一話を
募集している所なのです。



まず一回戦は、投稿者全員の作品が
各ABのブロック毎に分けられ、一般公開されて
読者の人気投票により、それぞれ上位の10作品程度に
絞られて、二回戦に進出できます。



つまりは、二回戦に進んだ作品が
引き続き、第二話を公開出来るという形式で
更に、ここでも投票で選ばれた上位6作品が
決勝戦に進出し第三話を公開、そして一位に選ばれれば優勝
…とまあ、こんな感じな訳です。



詳細はコチラ。



…で、それに伴って前回の日記に書いた
コミティア参加の件ですが
残念ながら、今回は立ち消えになってしまいました。。



まぁ、自分と友人達との間のモチベの温度差だったり
それぞれの日程やスケジュールや
お互いの距離的な問題だったり…



後は、裏サンデートーナメントの方に
気持ちが傾いてしまった事など
色々と要因はあるのですが
…やっぱり、こういうのは足並みをしっかりと
揃えない事にはどうにも難しいすね。

(いつか改めて、しっかりと仕切り直して
再挑戦出来ればとは思ってますけど。。)



なので、例の魔法少女と男子高校生の話は
残念ながら、ひとまずお蔵入りという事になります…><



そして、その代わりに今回書いた話なのですが
一応、連載形式に対応してある程度の
構想は固まってはいます。





ひとまず、この辺りについては
長くなったので、続きはまた次回にでも…




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。